エステサロンを開業するなら店舗デザインにコンセプトを反映

エステサロンを開業する際は、ユーザーが求めていることを理解したうえで、サロンのコンセプトを店舗デザインに反映させることが大切です。この記事では、コンセプトをデザインに反映させる方法について解説しています。

エステサロンを開業する場合、考えなければならないことはたくさんありますが、なかでも重要なのは店舗のデザインです。業界で修行し、身につけた技術を生かしての独立開業は理想的なステップだと思います。だからこそ、新しいサロンを軌道に乗せるために押さえるべきことはしっかり押さえて開店準備をしなければなりません。

エステサロンは、顧客をきれいにする仕事です。顧客は「きれいになりたいな」「リラックスしたいな」など、心躍る気持ちでサロンを訪れます。そのため、エステサロンの店舗デザインは、顧客が持つその気持ちを、さらなる幸せな体験へと昇華させるとても重要な役割を担っているのです。

エステサロンのデザインを決めるコンセプトとは

「コンセプトをエステサロンのデザインに反映させる」

そう言われても、コンセプトとはどういうものなのか今ひとつよくわからないという人もいるかもしれないので、ここで少しコンセプトについてのお話をしておきましょう。

コンセプトとは、揺るぐことのない、サロンが目指すベーシックな方向性のことを指します。コンセプトには、ビジネスそのものの内容も、ビジネスに取り組む方針や思想なども含まれます。こう言ってしまうと、何かよけいわかりにくいと感じてしまうかもしれませんが、これからエステサロンを新規オープンさせようというのであれば、これまでに養ってきた自分なりの仕事に臨む際の姿勢や考え方があるはずです。あなたがバリ式のエステを専門に施術してきたのであれば、当然、バリ式のエステはコンセプトに含まれるでしょう。コンセプトは、ただの目標ではなく、「常にそうあるべき姿」です。これをサロンのデザインに反映させることがお店作りだといっていいでしょう。

もちろん、コンセプトをデザインに反映させる際は、サロンを訪れる顧客に提供するサービスだけではなく、顧客がサロンで体験するすべてのことを考えなければなりません。いくら施術スペースの雰囲気が完璧でも、トイレがきたなければぶち壊しです。サロンは、コンセプトを忠実に表現し、顧客が最高の体験をして「またサロンに戻ってきたい」と思ってもらえるようにデザインするようにしましょう。

コンセプトがはっきりしないサロンだと、顧客は何か不自然さを感じてしまいます。

エステサロンのデザインにコンセプトを反映させていく際の考え方

「美しくなること」、そして「癒やし」を求めている顧客にとって、エステサロンはスペシャルな場所です。新規開店サロンのビジネスを軌道に乗せるためには、これまでに培ってきたテクニックや知識はもちろんのこと、サロンのインテリアなど、その場所的な魅力も必要不可欠な要素になります。世の中の女性たちが求めていることを実現させるのが、エステサロンの仕事だと考えるのであれば、インテリアデザインはとても重要です。ここからはいよいよ、コンセプトをサロンのデザインに反映させていく際の、基本的な考え方について解説していきます。

エントランスからコンセプトを感じさせるデザインに

サロンのコンセプトをはっきりさせたら、それをデザインに反映させます。まずはエントランスから考えていきましょう。エントランスは、これから始まるエステ体験のまさに入口に当たる場所です。このエントランスで、顧客の心をつかまなければなりません。そのため、コンセプトに基づいた、統一感のあるインテリアを作って、コンセプトをダイレクトに、瞬間的に顧客に対し伝えることが重要です。
先ほど、コンセプトがはっきりしないサロンだと、このエントランス部分ですでに統一感が失われてしまうので、訪れた顧客は困惑してしまいます。なるべくやわらかい、足を踏み入れやすい雰囲気を持たせることが、特にエントランスのインテリアデザインにおいては重要です。顧客は、日常とはかけ離れた体験をしにエステサロンを訪れているのですから、親しみやすさがありながらも、夢がある心躍る空間を演出する必要があります。

待合スペースとプライベート空間

エステサロンでは、施術前に多少なりとも顧客に待合スペースで待ってもらう時間ができてしまいます。そのため、待合スペースも、コンセプトに基づいてしっかりとデザインする必要があります。

待合スペースも、一貫したコンセプトを顧客が感じられるようデザインすべきですが、待合スペースではもっと、施術へ向けてムードを盛り上げるような、そんな演出が効果的です。たとえば、フロアや壁、家具だけではなく、映像、音楽などもインテリアの一部として使って、ムードを盛り上げましょう。もちろん、心が落ち着くような色の配置を考えることも非常に重要です。また、顧客同時の距離感も考慮して、イスやテーブルなどを配置することも同じく非常に重要です。

待合スペースのデザインで絶対におろそかにできないのがトイレです。トイレはいくらきれいに掃除されていたとしても、あまりにも日常的に使っているようなトイレだと、これから始まる癒やし体験のことを考えていたとしても、顧客は現実の世界に引き戻されるような感覚を味わうことになります。こんな体験をした顧客がサロンをもう一度利用したいと思うでしょうか?

エステサロンにおいては、プライベートな空間のトイレも、清潔であることは大前提として、顧客に現実離れした気持ちを忘れさせることのないよう、手を抜かずにデザインすることが大切です。

施術スペースは癒やしの演出

施術スペースで重要なのは「癒やし」の演出です。施術スペースは、これまでに顧客が心に描いてきたことが実現される場所なので、その思いを傷つけることなく、スペース全体を演出してあげることがとても重要です。

なかでも、インテリアのカラーリングや明るさのコントロールには気を遣いましょう。

インテリアのカラーリングや明るさは、顧客の肌のカラーがきれいに、そしてヘルシーに見えることを基準に選びましょう。もちろん、コンセプトに忠実にデザインしなければなりません。施術に必要な明るさ、顧客が癒やされていると感じられるレベルの明るさを、自在にコントロールできるような照明にするといいでしょう。

照明の角度を考慮すると、さらに魅力的なスペース作りができます。ショールームのディスプレイを参考に、ダウンライトやフットライトで明かりの入る角度を調整すると、より日常離れした癒やしのスペースを演出することができるでしょう。

最後に絶対忘れてはならないこと

コンセプトに基づいてサロンのインテリアをデザインする際の考え方についてご紹介してきました。コンセプトは「サロンがあるべき姿」ではありますが、あまりにもこれに固執してしまうと、顧客にとって心地いいスペースはデザインできないかもしれません。そのため、絶対に忘れてはならないのが、顧客の立場に立ってサービスやコンセプトについて考えることです。顧客の立場に立たないと、経営者として見えてこないことがたくさんあります。経営者として感じてもらいたいことだけではなく、顧客がその体験をどう受け取るのか、しっかり考えてインテリアに落とし込んでいきましょう。